災害ボランティア講座


『災害』そのとき、私たちに出来ることは?

 いつ起きてもおかしくない!と言われている“東海地震”や“東南海・南海地震”。もしこれらの災害が起きたら、私たちは何をすればいいのでしょうか?また何ができるのでしょうか?
 災害発生後に立ち上がる高浜市ボランティア支援本部の活動などを通して災害ボランティアについて学習しました。


日 時 【第1回】 平成17年11月12日(土) 午前 9時〜午後1時
【第2回】 平成17年11月19日(土) 午前10時〜午後3時

【第3回】 平成17年11月20日(日) 午前10時〜午後3時
講 師 高浜災害ボラ「お互いさま」 の皆さん
日 程 第1回
9時00分
 〜13時00分
実 習 名古屋市港防災センターへ行き、実際に揺れや煙の体験しました。
第2回
時 間 講義・体験内容
10時00分
 〜10時20分
ビデオ
上 映
災害に関するビデオを見ました。
10時30分
 〜11時45分
講 義 もし災害が起きたら、高浜市はどうなるの?
             私たちは何をすればいいの?
〜高浜市における被害予測や災害に関する基本的な知識について学習しました。〜
11時45分
 〜13時00分
実 習 非常食を体験してみよう!@
 〜実際に非常食をつくり試食しました。(昼食)〜
13時00分
 〜14時45分
実 習 災害ボランティアとして実際に活動してみよう!
 〜いくつかのパターンを設定し、講師による寸劇などを交えながら、災害ボランティアとしての活動を体験しました。〜
14時45分
 〜15時00分
質疑応答
第3回
時 間 講義・体験内容
10時00分
 〜11時45分
講 義 ボランティア支援本部ってなに?
 〜災害時のボランティア受入れの拠点となるボランティア支援本部の仕組みなどについて学習しました。〜
11時45分
 〜13時00分
実 習 非常食を体験してみよう!A
 〜実際に非常食をつくり試食します。第2回とは違う非常食をつくりました。(昼食)〜
13時00分
 〜14時45分
実 習 ボランティア支援本部を立ち上げてみよう!
 〜ボランティア支援本部の立ち上げやその運営などについて体験しました。〜
14時45分
 〜15時00分
質疑応答



第 1 回   (11/12)
           名古屋市港防災センター
                          三河地震、阪神・淡路大震災などの揺れを体験しました。
                伊勢湾台風の水害の体験です。
                     煙の充満した場所での避難訓練です。
第 2 回   (11/19)
被害予測や災害に関する知識を学習しました。
  非常食体験。 注水線までお湯を入れて30分(水なら1時間)待ちます。
                          炊き込みご飯や、えびピラフ、赤飯などがあります。
   午後の実習。災害ボランティアとして活動してみよう!
 一人暮らしのお年寄りから、散乱した家具などの片付けを依頼されました。
第 3 回   (11/20)
ボランティア支援本部の仕組みについて学習しました。
昼食で試食した非常食。パンの缶詰、うどん。
ボランティア支援本部の立ち上げ、運営について体験しました。
           最後に活動報告をします。



災害ボラ「お互いさま」のホームページはこちらです。